バリニーズでなく バリニスタと今日から 言ってみる事にするw 


by marinmaris
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧


久しぶりに更新
mixiの方の日記も一段落したので blogを更新する事に
実は 順調に進みまして 2007年11月末から サーフスクールを
バリ島で始める事になりました
サーフスクール・サーフポイントを回るチャーター・観光ガイド
観光ガイド+チャーターなど
後 シルバーとシルバーをあしらった革製品も ファッションの雑誌の会社の
端っこで 働いてる感覚を生かして お洒落な商品を仕入れて 質と値段で
勝負をする予定です

marisは ビジネスも本気ですが その得たお金で バリ島の子供達へ
福祉施設を作ろうと計画中 これ 頑張らないと行けないので
ここの部分は NPOとも考えたけど 審査が厳しいので 形にするのは
まだまだ時間がかかるので しばらくは 個人で バリ島の子供達の為に
貢献をして行く予定 その事も blogで報告出来たらと思います

2007年12月27日

今回は諸事情により ガルーダをとる事が出来なかった
デンパサールに向かい JALは出発
毎回 座席の横は カップラー イチャイチャしてるのも
気にも留めず 機内で ちょっと PCで仕事をしたり

JALは ガルーダより ご飯が美味しい 
(写真ありませんw)

そんな事をしてるうちに 6時間ちょっとだから あっと言う間に
到着をした が・・私の予想を裏切らないのが 毎回のお約束

私と同じ様に バリ島に上陸をする 日本人で
入国するのに 途轍も無い列ができてるのだ
1時間をゆうに越えて 外に出たのは12時過ぎ
嫌な予感がこの時点で ふつふつ湧いて来る

JALは 次回は乗らない なぜなら ガルーダのマイレージカードの
ランクも上がったからね

外に出るが 私の名前を書いたカードを持った
ホテルの人がいない 4~5回見直す 
上陸して 初の事 

あれ?これ? 迎えに来てない?
ホテルの予約した紙をプリントアウトするのを忘れたから
ホテルの電話番号もわからなかったから

12時だけど ダイビングショップのオーナーの奥さんへ電話
あらかじめ ホテルに電話をして 送迎を言ってくれていた

オーナーの奥さんは
既に迎えに行ったらしい←たぶん このらしいが大切

電話を切った後 再度 名前を書いたプレートを見直すが
確実いない 数回の上陸を繰り返しているので さっさと切り替える事にした

  ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
『空港から もし 一人でホテルに向かう時 どうすればいい?』
って思ってる人いないかな?

空港を出て お客さんを迎えるフェンスがある
空港を背にして 建物沿いに 右側に歩いて行くと
直ぐに 各方面へ向かうタクシーのチケットを販売いている窓口がある

タクシー会社のブルーバードがカウンターを運営をしていいます
各方面によって 金額が別れ 送迎
カウンターの横に 各方面への金額が書かれた看板がある
ぼるって事はないと思うけど 不安な人は その看板で 自分が目指すべき
地域をチェックして 

『クタ』
と言うと 40000RPと言われます

そして 荷物をガラガラ押しながら タクシーの場所へ案内をしてくれる
それに乗れば ホテルへ送ってくれる

  ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

上陸を繰り返すと まぁ 迎えに来てなければ
自力で行くしかないと 焦らないにも
上陸効果と感じたりw

今回で3回目の宿泊だったんだけど こんな事無いな~と
空港から10分位かな とても近い距離で すぐに 到着

受付に2名 既に帰る用意をしながら 電話の対応していた
私の顔を見るなり 車迎えに行ってるよ・・と 英語で言われる
が 迎えに来ていないし 今までこんな事無いよ・・と
一人になり 異常事態になると インチキ英語度の TOEICの
点数も急上昇 ちょっと フロントと笑い喧嘩気味w

実は ショップのオーナーの奥さん
何度もホテルに 怒モードで話をしたらしい
だから 私の顔を見るなり迎えに行ったと逝ったのだろうw

が 何故か その2名が 私のチェックイン手続きをせずに
消えた
(この迎えに行かない・行くの責任逃れで bossに
ばれるのを恐れて 姿を消した事が判明)

このチェックイン手続きをしてくれたのが このホテルの
セキュリティーをしている人w
こんなの初だよw 手続きをしている最中に
早速 バリ島の友人2名から 次々電話が入った
セキュリティの人も 私宛の電話が続いてるので 笑っている

カード番号など記載
支払いは明日となる

笑える事に 手渡された鍵は テーピングのテープに
近い布素材のテープに ボールペンで 1320と
何となく書いたものが 鍵に付いていた
鍵を受け取った瞬間 再び オーナーの奥さんから
ホテルに電話 
3本続けて

荷物を運ぶのは 制服を着ていないスタッフが
3階まで 荷物を運んでくれた
到着から 既に 夜中の1時を回る

さてと 明日は クタ周辺を散歩
ダイビングは 明後日 29日から連続6日間ダイブとなるのであった

初日の出会いは 自力でタクシー 
テーピングテープの鍵と1320号から 

[PR]
by marinmaris | 2008-01-24 12:03 | Bali:出発~到着
とっくに過ぎてしまったNewyear 
誰が読んでるか定かじゃないですが 前回 バリ島で交通事故に合い
途中でblog止まりすみません

が・・

パワー付けて バリ島から 帰国しました
そして バリ島で サーフスクールを 現地のみんなで 力を合わせて
作るお手伝いも完璧に決まりました

さて 本題の
社内で叫ばれる 似非バリニーズ maris上陸作戦 
(今回写真少ないです・・が 内容で勝負しますので 読み物的によろしくどーぞぉ)


2007年12月 数々のミッションをこなし 今回も
間違ってチケット取っちゃいました・・と言って
大将を唸らせ 無理やり出発  (実質 日曜出勤してるから さほど 変わらないかとw)

次回 忌引き・結婚式等ネタも尽きて 有給取得どうする事やら
会社を休み 似非バリニーズと化して行くmaris

2007年12月27日
出発前日 ABCで 成田空港第二へ荷物を送った
ピックにくる度 毎回 福山運送さん・・
重いです・・ヘビーですと 言われる

成田エクスプレスに乗り スムーズに
第二ターミナルへ
しかし スムーズなはずも無いのが

上陸前

上陸中

上陸後

この三工程で毎回展開をするので 読んでる人は
おいおい?事件あり過ぎじゃないの?って思われると思う・・
え?やらせ?リアルです

さて ダイバーの皆様
ダイビングのフル機材 皆さん ご存知本気で重いです
しかし JALの重量制限20㌔
まぁ25㌔まで良しとしようと言うのがあるらしく 空港で
25㌔までなら・・とぉ

しかし その時点で 27㌔で ちょっと恐縮気味にカウンター
パンチではなく いそいそ並ぶ 計った瞬間
27・5㌔とかw 見てみぬふりをする 
ふぅー 何も言われず通過だよ

珍しく通過も出来たものだった
しかし ひとつ忘れていた事があったのだぁ
ホテルへのピックアップの件 メールをすれど 返事なし
毎回同じホテルに泊まるんだけどね


嫌な予感

そんな事は 瞬間 考え 瞬間消え

ふむ・・2週間 日本を去る訳だからさぁ 成田での食事は
やっぱり 和? かな?って思って 何故かマックで
閉める事になる

ご飯も食べた さてと 搭乗ゲートに向かい
デンマーク・スウェーデン以来の国際線JAL便
数年ぶりだよ←10年はたってないけどw
搭乗までのスムーズさが 上陸から 大騒ぎになるのも
何となく予測もつくものだぁ

6時間あっと言う間に 2ヶ月ぶりのバリ島上陸
本日から 上陸日記開始 お楽しみに♪
[PR]
by marinmaris | 2008-01-12 12:05 | Baliへ出発カウントダウン