バリニーズでなく バリニスタと今日から 言ってみる事にするw 


by marinmaris
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:Bali:rumah sakit ( 1 )


10月3日 私にとっては 生きてる中で 
一番幸せ日と 悲しみの淵に追いやれる 対極な日を迎える事になった
まぁ シビアな話をするまでも無いけど

この日 知り合いの人の車に乗り ヌサドゥア付近を走っていた
前方のトラックが止まったので その後ろに車を止めた

その瞬間 後部に ドスーン
と激しい音 数秒もしない後の出来事

シートベルトをしてたから 首が 前にガクンっとなるが 硝子には激突せずに済んだ

え?

何々?
と 車の後ろを眺めると 人だかり

車を降りて 後ろへまわると 原チャリに乗った学生の女の子が
知り合いの人の車へ突っ込み バイクが大破 女の子も すっ飛ばされていた

事故が起きたすぐ真横で仕事をしていた お兄さん達が 女の子を
車が来ない方に 運んでいた

何が起きか 認識出来ないまま お兄さん達が 彼女を病院に運ぼうと
知り合いの車に乗せって と言う事になり 腕を怪我し 口から 血が流れて
しまっていた女の子を乗せて 一緒に病院へ
直ぐに病院に運んだ彼女は 軽症だった

が バリ島は 事故が起きても警察をほとんど呼ばない

◎おまわりさんがいないのもそうだけど 警察を呼ぶと仲介に入り 話をややこしくして
 仲介する為のお金を取るとの事 お金社会なので 普通らしい

◎事故を起こした方・起こされた方は 話し合いをして 示談で解決

彼女の症状はともかく 私自身の首も痛くなってきた
用心に越した事は無いと 知り合いの人に 日本人医師が常駐をしている
BIMC 緊急医療センターへ行った方が言いと薦められ
いく事になった

幸いにも 旅に出る時は 海外旅行保険に加入
今回も もちろん 加入をしいた

d0113673_223529.jpg


あ?確かこの病院 blogで 検索をしてて あ~こんな いい病院バリにあるのか~って
思ったら 自分で BIMCの門をくぐるとは思いもしないでしょ

d0113673_22322317.jpg


問診票を記入をして 治療室へ
そこから レントゲンを取ったりして 一大事となる訳
あ~でも こんなので済んで良かったのかも 
と レントゲンを取りながら考えた

レントゲン室で ぽーつーんと1人
レントゲンを撮り終えて 再び 診察室へ戻る

診断の結果 

『首の鞭打ち』

d0113673_22355483.jpg


鞭打ちと言えば ↑ の首を固定をするのが必需品
え?
そうですとも ・・
バリ島へ来て まさか この固定をするものもはめるとは

ここで大事なポイント
◎BIMCは 日本人医師が常駐をしている上 日本語が通じます
(1998年に旅行者・在住外国人向けの国際水準の医療施設として設立)
◎施設も 日本の病院に負けず劣らず なので 安心をして診察
◎海外旅行保険(東京海上日動火災保険提携)
◎東京海上日動火災保険の旅行保険に入っていれば 書類を記入をして
 現地で支払うお金はゼロ円

鞭打ちになった翌日かその次の日 女医さんから 状況を心配+日本へ
戻って治療を受けて下さいと ホテルに電話をくれた
日本でも治療を受けられる様に レントゲンを取りに来てくださいと
話があった その心を使ってくれる点でも このBIMCは 安心


バリ島と言う場所は 時として 試練を与えてくれます
その事がきっかけで 心が通じる友達が増えたのも確か 
思いもしない出来事に 驚愕をして たじろいでしまう弱い人間で無かった事に
自分で驚きを隠せない 

バリ島 最後の楽園の楽園だった
それが 今回の旅の 途中経過で見えた事だった


■□■補足■□■

☆私が言うのもなんですが 旅行に行く時は 必ず 旅行保険入りましょ

バリ島へ行く人へ もしも 病気になった時に 控えておいて欲しい病院のアドレス
よろしくどーぞぉ

BIMC緊急医療センター
PT.Medica Sarana Traliansia
■住所 JL.By Pass Ngurah Rai 100X Kuta
■TEL +62-361-761263
■EMAIL japanmarketing@bimcbali.com

さてと 誕生日は どこへ行くとするかなぁ
って 動けないでしょ・・marin_maris 暗黒の帝王になる位 ど~んより
happybirthday
[PR]
by marinmaris | 2007-10-03 19:00 | Bali:rumah sakit